PROCESS

越後高田に徹した、杜氏、米、水。
越後は、日本を代表する優れた杜氏の郷。
「越後杜氏」は三島(さんとう)杜氏、
刈羽(かりわ)杜氏、そして武蔵野酒造
がある上越、妙高、柿崎、吉川地区の
頸城(くびき)杜氏がその代表と
呼ばれています。
昔は冬場の出稼ぎとして全国に赴き
素晴らしい酒づくりに貢献してきました。
武蔵野酒造の酒づくりはこの地元で
伝統を守り続けてきた頸城杜氏が
担っています。
そして米は新潟県が育成した
晩生の酒造好適米の「越淡麗」と早生の
「五百万石」を主に使用。
もちろん上越地域で実った米を使用。
仕込水は妙高連峰の地下から流れる伏流水
を汲み上げて使っています。
武蔵野酒造はこのように越後高田に徹した
酒造りにこだわっています。
そこに「阿吽」の呼吸あり。
酒造りの現場。
そこには杜氏たちの受け継がれてきた
伝統と磨き抜かれた技があります。
蔵人たちの熱意と活気があります。
息の合った寸分狂いのない動きがあります。
言葉の要らない「阿吽」の呼吸が
酒造りの空間に漂います。
他の何人も入ることができない
蔵人たちの世界があります。