スキー正宗 四季の酒 無濾過原酒

2533
2533 2533 2533

スキー正宗 四季の酒 無濾過原酒

(2533)

●無濾過原酒
通常のお酒は醪を搾った後火入れ殺菌を行い大きなタンクで熟成、そして数ヶ月から1年程度のの熟成期間を経て濾過をしてお酒を飲みやすくするための加水調整と言う原酒に水を加えてアルコール分を飲みやすい度数まで下げます。そして再度火入れ殺菌を行いながら瓶に詰めてできあがりです。
このスキー正宗 四季の酒 無濾過原酒は令和元年12月に搾ったばかりの吟醸酒の原酒を生酒のまま濾過せずに瓶詰め。そしてビン燗と言って機械を使わず丁寧にお湯の中に漬けて火入れをしております。
この状態のお酒をビン燗の無濾過原酒と呼びます。生酒のままビンに詰めていますので搾りたての華やかな香りが残り、また火入れを行っておりますので生酒と比較するとお買い上げ頂いた時のフレッシュ感が長続きします。


●お酒の説明
このお酒は五百万石と言う酒造好適米を使った吟醸酒です。使った五百万石はもちろん上越産。そして仕込水は当社標準の妙高山麓を流れる伏流水を汲み上げて使用しています。地元で採れた酒米に地元の水で仕込んだ正真正銘の地酒です。五百万石を使うことで新潟清酒の特徴であるクリアな飲み口となり、吟醸酒に最適の酵母を選択することで吟醸酒ならではの豊かな香りを生み出しています。


●スキー正宗の命名の由来
当社は大正時代まで『越山正宗』を代表銘柄としていましたが、昭和に入り『スキー正宗』と改名。 明治44年にオーストリア将校のレルヒ少佐が地元陸軍への越冬軍事訓練の一環としてスキーを日本で最初に当地で指導されました。 日本のスキー発祥の地となります。 その後スキーは徐々に庶民へと伝わり、大正時代にはレジャーとしてのスキーが認知され始めました。 昭和に入り上越市(当時の高田市)は町おこしの一環として食品やお酒を造るメーカーにスキーを冠に付けた商品販売を奨励。 当社もそれに習い商品名をスキー正宗と改名しました。 飴やさんはスキー飴、煎餅屋さんはスキー煎餅なんて商品を作っていたそうです。
第二次世界大戦中にカタカナが使用できなくなったためそれまで様々なスキーを冠とする商品は撤退。 当社はスキー正宗を『寿亀正宗(すきーまさむね)』と表記してその名前を残し終戦を迎えました。 カタカナ使用の統制の終了に合わせてスキー正宗が復活。 現在に至ります。


●お酒の詳細
酒別 :吟醸酒
麹米/精米歩合 :五百万石/60%
掛米/精米歩合 ;五百万石/60%
アルコール度数 :17度
容量 :500ml
化粧箱 :あり(クリアケース入り)

※下記オプションは無料で対応させて頂きます。必要に応じてお選びください。
レジ袋

包装・のし
のし 表書き
のし 名入れ
在庫有り
¥1,700(税別)
数量

関連商品